機械式とクォーツ式の違い

腕時計の駆動部分をムーブメントといいますが、ムーブメントは動力源の違いによってクォーツ式と機械式に分けることができます。クォーツ式は部品の一部に水晶を使用し、動力源は電池です。この水晶は電流を加えると1秒間に32768回も振動し、高い振動数のものほど時計の精度が安定します。クォーツ式腕時計は高精度ですが、大量生産が可能なので価格は非常にリーズナブルでメンテナンスも比較的簡単です。一方、機械式はゼンマイが動力源です。ゼンマイを巻いて戻る力を利用して時計の針を動かします。クォーツ式と比べると時間の精度は劣りますが、その内部構造は大量生産では不可能な精緻さのため非常に人気が高いです。有名ブランドの多くが機械式腕時計を製造し、その人気に拍車をかけています。

機械式は2種類に分類される

ゼンマイを動力源にしている機械式腕時計ですが、実はゼンマイの巻き方によって手巻きと自動巻きの2種類に分かれます。手巻きはリューズを操作することでゼンマイを巻き上げますが、この操作を怠っていると時計はわずか数日で止まってしまいます。そのため手巻きは定期的にリューズを操作してゼンマイを巻かなければいけません。手間はかかりますが、時計に対する愛着がより一層深まります。自動巻きは装着しているだけでゼンマイが巻き上がります。自動巻きにはローターが搭載されていて、腕の振りによりローターが回転しゼンマイが巻き上がる仕組みです。自動巻きは装着している限り止まることはなく、手巻きのようにリューズを操作する必要がありません。リューズによるゼンマイの巻き上げが面倒だという方は自動巻きを選んでみてはいかがでしょうか。